こんな時ない?

兼業ロミロミセラピストのひさこです!
かなり自粛は緩和されてきましたが、私のサロンは自宅サロンなので
まだ休業中です。

誰かと会話していて、何気ない話の中で相手が自分の意見を主張している
時があると思います。その主張が執拗な時ってありませんか?

そんな時、少し不愉快な気分にさせられると思います。
でもそれはうらやましい気持ちだったり、妬ましい気持ちの
表れなだけなんですよ。

私はこんな経験があります。
何年も前の話になりますが、
私が首を痛めてしまった時のことです。
数日後に友人と会う約束があり、首は完治していないけど
友人と会いました。

会話の中で

私、「首を痛めてしまって、首が回しにくいねん」
友人、「ロミロミで治されへんの」←嫌味たっぷりに

その時はものすごく悲しかった。
でもその友人は私のことがきっとうらやましかっただけなんです。
楽しそうにロミロミを学び、日々過ごしている私のことが、
ただただうらやましいんだ、ということがわかりました。

そして、からだが弱っていることにより物事を必要以上に
ネガティブにとらえている自分にも気が付きました。

そしてさらに気づきがありました。
その友人とはこの一件ではなく、他にもそういうことがあったので
もうその人とは距離をとったらいい、ということも教えてもらえました。

つながりをブチブチ切る必要はないけれど、
距離を置いてみるのはいいことだと思うのです。
自分を犠牲にして無理につるむ必要なんてないんです。

こちらの記事もお読みください!

関連記事

  1. 手,lima

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。